スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚科通院記録 14

銀時の通院記録も兼ねています。  

◎皮膚科通院記録 14

7月4日(土) 14回目の皮膚科受診日 (13度目の薬浴)

前回の受診日から抗生剤を服用していたので、
この2週間皮膚状態は悪化することはなく 現状維持状態。
お腹や体の発疹も抗生剤が効いているようで物凄く増えるということはなかったです。
既にできていた発疹は治っていく過程の痕になっていて、新しくできたのも2週間で4つ前後だと思います。
ただ足舐めは相変わらず酷いのと、顔を数回だけど擦りつけることもありました。

前回検査をお願いした耐性菌の検査結果が出ていました(感受性検査 {細菌培養検査} )
結果は1つだけ効かない抗生物質はあるようですが、服用している抗生剤は問題ないということでした。
150715-3
このままあと1週間(7/10まで)は抗生剤を服用して、その後服用を止め経過をみることになりました。
皮膚の状態によってはフードの変更も検討することになりそうです。


病院のHPを見て、病院独自で開発されたという「メディケアローション」が気になっていたので
先生に相談して銀時も試してみることにしました。 
顔のシワ、ワキや後足の付け根部分などの蒸れ易い場所
湿疹のできている場所、できやすい場所に毎日このローションを塗布します。
150715-2
通院している皮膚科病院で開発されたものですから安心して使えます。
薬ばかり塗るというのも抵抗があったので、いいものに出会えました。
毎日しっかりケアしてあげたいと思います。

最近知りましたがネットで購入できるようですよ。
 ←クリック  ・リンク先は皮膚科病院のオンラインショップです
※症例が掲載されていますが
 これだけで治るというわけではありませんので、
 獣医さんで適切な治療を受けられたうえで使用されることが大切だと思います。



待合室にて(父ちゃんの足の上で立つ子) 
待ち時間が長かったので退屈そうでした(笑)
150715-1

この日は患犬さんが多く 予約していた時間から30分ちょっと待ちました。
季節的に皮膚状態が悪化する患犬さんが多いんでしょうね。
待合で待っていると柴犬さんをよく見かけます。意外に皮膚が弱い犬種なのかな?
もちろんフレンチの患犬さんも多く、必ずと言っていいほど会います。
フレンチはやっぱり皮膚が弱い犬種なんだなぁ・・と再認識します^^;



↓ フレンチブルドッグひろばへ!
フレンチブルドッグひろば

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。