アレルギー治療記録 ~治療開始から12ヵ月~

銀時の皮膚治療の記録です。

銀時のアレルギー性皮膚炎(ハウスダストが原因)の舌下減感作療法を始めてから12ヵ月が経ちました。
(6月初めで12か月経過です)
舌下減感作液は11か月目以降10倍のまま継続。滴下は1日1回になりました。


~過去の皮膚状態~
☆治療開始時の皮膚状態→ 2012.06.07記事
☆治療開始から1ヶ月   → 2012.07.08記事
☆治療開始から2ヶ月   → 2012.08.09記事
☆治療開始から3ヶ月   → 2012.09.12記事
☆治療開始から4ヶ月   → 2012.10.19記事
☆治療開始から5ヶ月   → 2012.11.28記事 
☆治療開始から6ヶ月   → 2012.12.17記事 
☆治療開始から7ヶ月   → 2013.01.24記事
☆治療開始から8ヶ月   → 2013.03.02記事
☆治療開始から9ヶ月   → 2013.04.11記事 
☆治療開始から10ヶ月  → 2013.05.13記事
☆治療開始から11ヶ月  → 2013.06.18記事 


比較のため、治療前の写真です。
鼻の周りは ただれているような状態。顔だけでなく全身に強い痒みがありました。
120809-2

治療開始から12ヵ月後の記録
~2013.06月末の皮膚状態~
全体的には酷く悪化することなくきていますが、
足先に赤みが出たり、改善したり・・という感じで少し不安定気味です。
6月中ごろまで梅雨だったことと、梅雨明け後の暑さも影響しているのではないかと思います。
最近気温が高いせいもあり痒がる仕草が増えたように思います。

130719-1
顎をよく痒がって、隙あらば掻いてしまうので
カラーを外して遊んでる時は注意して見ています。

130719-2
130719-3
両後ろ足の肉球・指間ともにまずます。
指間に赤みが出たら痒がるので(カラー越しにエアー足舐めします 笑)
赤みが出たらすぐ塗地薬を塗り、症状が緩和するように気を付けています。

130719-4
130719-5
両前足の指間はGood!(若干の赤みはあるけど状態は悪くないです)
でもパッド部分は現在1番状態が悪いところです^^;
良くなったと思ったら赤みと痒みが強く出てしまう。。なかなかスッキリとはいきません。


胸~腹部はキレイです。
時々、赤発疹がポツッと出る時もありますが、塗り薬ですぐ治まります。
130719-6
心配していた下腹部の色素沈着ですが、とても綺麗になりました



銀時がアレルギーの舌下減感作療法を初めてから一年が経ちました。
治療前に比べてほんとに良くなりました。。が、まだまだ気長に治療が必要です。
舌下減感作液は1日1回の滴下になり、できれば粉薬の方も減薬していきたいと思うのですが
あせって減薬すると悪化することがあるため、もうしばらくこのままでいこうと思います。
また、減薬するには皮膚状態が安定していることが大前提なのですが
暑い今の時期はどうしても皮膚状態は不安定になりがちなので難しい^^;
涼しくなった頃に減薬にトライしてみようと思います。




にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

↓ フレンチブルドッグひろばへ!
フレンチブルドッグひろば



スポンサーサイト