スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー治療記録 ~治療開始から11ヵ月~

銀時の皮膚治療の記録です。

銀時のアレルギー性皮膚炎(ハウスダストが原因)の舌下減感作療法を始めてから11ヵ月が経ちました。
(5月初めで11か月経過です)
11ヵ月が経過したので、舌下減感作液は25倍⇒10倍へ濃度が上がりました。
減感作液の濃度は10倍が最高濃度になるため、今後は10倍のまま継続していきます。


~過去の皮膚状態~
☆治療開始時の皮膚状態→ 2012.06.07記事
☆治療開始から1ヶ月   → 2012.07.08記事
☆治療開始から2ヶ月   → 2012.08.09記事
☆治療開始から3ヶ月   → 2012.09.12記事
☆治療開始から4ヶ月   → 2012.10.19記事
☆治療開始から5ヶ月   → 2012.11.28記事 
☆治療開始から6ヶ月   → 2012.12.17記事 
☆治療開始から7ヶ月   → 2013.01.24記事
☆治療開始から8ヶ月   → 2013.03.02記事
☆治療開始から9ヶ月   → 2013.04.11記事 
☆治療開始から10ヶ月  → 2013.05.13記事
 

比較のため、治療前の写真です。
鼻の周りは ただれているような状態。顔だけでなく全身に強い痒みがありました。
120809-2

治療開始から11ヵ月後の記録
~2013.05.30の皮膚状態~
全体的に皮膚の状態が落ち着いています

130618-1
顎・顔・耳ともに前回の記録より赤みや赤発疹も改善されて、落ち着いてきています。
でもカラーを外すと顎や耳などをすぐ掻いてしまうので油断はできません^^;

130618-2
130618-3
両後ろ足の肉球・指間ともに赤みが随分改善されています(^_^)v
前回より指間の赤みがだいぶ薄くなりました。経過は良好です

130618-4
130618-5
両前足の指間が前回に比べて すごく改善されています(^_^)v
パッド部分は散歩に行くと地面や雑草などに接触するので、改善されたり少し後退したり・・と繰り返してしまいます。
特に前足のパッド部分は刺激に対しての反応が顕著に表れます。
かといって 散歩に行かない訳にはいかないので、塗り薬を使いながら悪化しないように気を付けていきます。
左前足の甲の部分がポツっと赤くなっていますが、ここも塗り薬を塗布して経過をみています。

胸はキレイ☆
130618-6
ずっと気になっていた下腹部の色素沈着は少し薄くなってきています。。よかった


このところ暑い日が続いています。
空梅雨とはいえ湿度も高く蒸し暑い毎日ですね^^;
高い湿度は皮膚炎にとって大敵なので、
エアコンを使いながら室温と湿度をしっかり管理していこうと思います。
梅雨の時期は皮膚炎が悪化しやすい時期でもあるので、
今まで以上に皮膚の状態を気を付けて見ていってあげようと思います。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

↓ フレンチブルドッグひろばへ!
フレンチブルドッグひろば
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。