アレルギー治療記録 ~治療開始から10ヵ月~

銀時の皮膚治療の記録です。

銀時のアレルギー性皮膚炎(ハウスダストが原因)の舌下減感作療法を始めてから10ヵ月が経ちました。
(4月初めで10か月経過です)
10ヵ月が経過したので、舌下減感作液は50倍⇒25倍へ濃度が上がりました。

~過去の皮膚状態~
☆治療開始時の皮膚状態→ 2012.06.07記事
☆治療開始から1ヶ月   → 2012.07.08記事
☆治療開始から2ヶ月   → 2012.08.09記事
☆治療開始から3ヶ月   → 2012.09.12記事
☆治療開始から4ヶ月   → 2012.10.19記事
☆治療開始から5ヶ月   → 2012.11.28記事 
☆治療開始から6ヶ月   → 2012.12.17記事 
☆治療開始から7ヶ月   → 2013.01.24記事
☆治療開始から8ヶ月   → 2013.03.02記事
☆治療開始から9ヶ月   → 2013.04.11記事 


比較のため、治療前の写真です。
鼻の周りは ただれているような状態。顔だけでなく全身に強い痒みがありました。
120809-2


治療開始から10ヵ月後の記録

~2013.04.24の皮膚状態~
前回の記録時には悪化していて、皮膚の状態が不安定でした。
3/26~粉薬の服用回数を3回/1日に戻して経過をみてきましたが
皮膚の状態は全体的に改善されています

130513-1
顔を擦りつけて痒がる仕草も減りました。
耳が若干赤く、顎の辺りもまだ赤発疹が残っているところもあります。

130513-2
130513-3
両後足とも肉球周りはかなりいい状態(^_^)b
指間はまだ少し赤みがありますが、前回に比べると改善されています。

130513-4
130513-5
前回は両前足とも真っ赤な状態でしたが、肉球周りは良くなりました。
指間はまだ赤みがあるので、塗薬を小まめに塗って経過をみていきます。
皮膚科の先生から「指間が赤いのは足舐めしていませんか?」とご指摘があった通り
遊んでる間カラーを外してあげたりすると 隙あらば足舐めします(>_<)
悪化させないためにもしっかり見ていこうと思います。

胸周りもキレイ(^_^)b
130513-6
最近尻尾のハゲが気になって皮膚科に聞いたところ、
「お座り等した時に尻尾のその場所が当たっており、来院されるフレンチブルドックに しばしば見られます」とのこと。
特に皮膚炎の症状はないので擦れてハゲたんでしょうね・・^^;



前回は足先が真っ赤で悪化していて心配でしたが、改善されて一安心。
これから気温も上がるし、梅雨もやってくるので特に気を付けないといけない時期ですね。
アレルギー治療は根気がいるので、焦らず気長に銀時と一緒に頑張っていこうと思います



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

↓ フレンチブルドッグひろばへ!
フレンチブルドッグひろば
スポンサーサイト