アレルギー治療記録 ~治療開始から7ヵ月~

銀時の皮膚治療の記録です。

銀時のアレルギー性皮膚炎(ハウスダストが原因)の舌下減感作療法を始めてから7ヵ月が経ちました。
経過は良好です(^_^)/
7ヵ月が経過したので、舌下減感作液は250倍⇒100倍へ濃度が上がりました。


~過去の皮膚状態~
☆治療開始時の皮膚状態→ 2012.06.07記事
☆治療開始から1ヶ月   → 2012.07.08記事
☆治療開始から2ヶ月   → 2012.08.09記事
☆治療開始から3ヶ月   → 2012.09.12記事
☆治療開始から4ヶ月   → 2012.10.19記事
☆治療開始から5ヶ月   → 2012.11.28記事 
☆治療開始から6ヶ月   → 2012.12.17記事 

比較のため、治療前の写真です。
鼻の周りは ただれているような状態。顔だけでなく全身に強い痒みがありました。
120809-2
                            

治療開始から7ヵ月後の記録
2013.01.16 の皮膚状態
130124-1
顔・耳・顎ともにいい状態。(耳がほんのりピンクなのは暖かい部屋で寝ていたためです)
先月顎に発疹が出ていたけど、今は発疹もなくGood!

130124-2
130124-3
両後足とも肉球周りはすごく良い感じ!
まだ指間は少し赤みが残っていますけど、ランで遊んだ後にしてはまずまずかな。

130124-4
指間はよくなってます
右前足の肉球の傷は、写真撮影の4日前(12日)にランで遊んでできたもの。
ランが砂地だったので肉球がベロン・・と めくれてしまっていました
砂地はダメですね。。前にウッドチップのランでも流血してたし。。
これから芝のラン以外は靴を履かせようかと思ってしまいます^_^;

130124-5
左前足、特に指間はGood!! 随分よくなりました

130124-6
胸周りもきれいです(^_^)v



治療を始めてから7か月。
指間などはまだスッキリという訳にはいかず、やはり足先は時間がかかります。
早くカラーを外して生活させてあげたいけど、外すと条件反射のように足舐めをするし・・
足舐めは、アレルギーのある子(銀時)と無い子(定春)ではこんなにも違うのか。。と思うくらいに違います。
定春も時々足舐めはするけど『あかーん!』とか『舐めない!』と言うと止める。
銀時は舐め始めると止まらない。舐めるのを通り越して噛んでる時もあります。。
銀には可哀想だけど、もう少し我慢してもらうしかないなぁ。
アレルギー治療というのは ほんとに時間がかかるし根気もいる。。焦らず頑張っていこうね銀ちゃん!!



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

↓ フレンチブルドッグひろばへ!
フレンチブルドッグひろば

スポンサーサイト