スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー治療記録 ~治療開始から6ヵ月~

銀時の皮膚治療の記録です。

銀時のアレルギー性皮膚炎(ハウスダストが原因)の舌下減感作療法を始めてから6ヵ月が経ちました。
季節の変わり目で少し痒みが出てるように思いますが、経過としては まずまず良好です。

6ヵ月が経過したので、舌下減感作液は500倍⇒250倍へ濃度が上がりました。


~過去の皮膚状態~
☆治療開始時の皮膚状態→ 2012.06.07記事
☆治療開始から1ヶ月   → 2012.07.08記事
☆治療開始から2ヶ月   → 2012.08.09記事
☆治療開始から3ヶ月   → 2012.09.12記事
☆治療開始から4ヶ月   → 2012.10.19記事
☆治療開始から5ヶ月   → 2012.11.28記事 
 

比較のため、治療前の写真です。
鼻の周りは ただれているような状態。顔だけでなく全身に強い痒みがありました。
120809-2
                            

治療開始から6ヵ月後の記録
2012.12.12 の皮膚状態
121217-1
暖房や乾燥により少し痒みが出たのか、顎に赤発疹が。塗薬を塗布してで経過を見ています。
顔や耳は変わりなく良好です。

121217-2
121217-3
両後ろ足肉球・指間ともに先月よりいい状態です。(ランで遊んだ3日後でこの状態はGood!)

121217-4
121217-5
両前足はあまり変化なし。ランで遊んだ後でこの状態ならまずまず・・だと思います。
以前はもっと真っ赤になりました(^_^;)
銀時はトイレ前に 左前足(手根パッド辺り)を後ろ足でカッカッと掻くのが癖で
今回はその辺りの赤みが強かったです。注意して見て掻かないようにしないと。。

121217-6
胸周りもきれいです。
いつもラン後に発疹が出ることがあるのですが、この状態ならGood!です(^_^)/
脇にポツポツある発疹も今は治まっています。



季節的に空気がとても乾燥しています。
寒くなってきて エアコンで部屋を暖めるので室内はより乾燥してしまいます
乾燥し過ぎると皮膚にはよくないし、部屋を暖め過ぎると体に痒みが出てしまう。。
これからの時期は、部屋の温度管理と加湿器を使っての湿度調整がとても大切になってくるので
皮膚の状態が悪化しないように注意して見ていこうと思います。





にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

↓ フレンチブルドッグひろばへ!
フレンチブルドッグひろば

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。