スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー治療記録 ~治療開始から3ヵ月~

銀時の皮膚治療の記録です。

銀時のアレルギー性皮膚炎(ハウスダストが原因)の舌下減感作療法を始めてから3ヵ月が経ちました。
経過は すこぶる良好です!!
治療前に比べて 見違えるほど皮膚の状態がよくなっています。
3ヵ月が経過したので、舌下減感作液は2500倍⇒1000倍へ濃度が上がりました。


~過去の皮膚状態~
☆治療開始時の皮膚状態→ 2012.06.07記事
☆治療開始から1ヶ月   → 2012.07.08記事
☆治療開始から2ヶ月   → 2012.08.09記事


比較のため、治療前の写真です。
鼻の周りは ただれているような状態で、顔だけでなく全身に強い痒みがありました。
120809-2
                            


治療開始から3ヵ月後の記録
2012.09.09 の皮膚状態
120912-1
顔・耳・顎、どこもすごく綺麗な状態になりました。男前復活(笑)
あれだけ辛そうだった痒みも 今では時々掻くしぐさをするだけです。
でも 掻いて悪化するのを防止するため、カラーは付けています。

120912-2
120912-3
後ろ足のパッド部分は赤み⇒ピンク色に変わってきて、状態もよくなってきています。
両後ろ足とも 真ん中の指間にはまだ少し赤みはありますが、他はかなり良い状態になっています。

120912-4
120912-5
先月の状態では、患部の中で一番赤みが残っていた前足・肉球周りでしたが
あれから1ヵ月でずいぶんよくなりました。
特に手根パッド部分と指間はかなり改善されています。
足先は油断すると舐めてしまうので、カラーは外せません。
カラーを外す時には 必ず気をつけて見るようにしています。
足先は最後まで残るということなので、焦らず経過を見ていこうと思います。




治療を始めてから3ヵ月。
3ヶ月の短い期間で 治療効果がこんなにハッキリ出てきて嬉しい限りです。
治療前は痒くて痒くて 本当に辛そうにしていた銀時。
それを見ている私も涙が出るくらい辛かったけど、
その痒みを軽くしてあげられた事が 何より嬉しいです(*^_^*)
まだまだ寛解とはいきませんが、このまま頑張って治療を続けたいと思います。






にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ


↓ フレンチブルドッグひろばへ!
フレンチブルドッグひろば
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。