アレルギー治療記録 ~治療開始~

銀時の皮膚治療の記録です。

最近、銀時の皮膚の状態が悪化していて、このところずっとカラー生活が続いています。
掻いたり、舐めたりがひどいので、更に悪化しないように付けざるを得ません。
このままではストレスが溜まってかわいそうだし、なんとかして皮膚炎と痒みから解放してあげたいと思っています。
ステロイドの服用や塗薬。。それで一時的に治まっても、はっきりした原因がわからないと治癒には至らない。
emi☆ちゃん(ちんた☆ママ)に相談して、近くで皮膚科専門病院はないか探して貰ったり 自分で探したりもしましたが
東海地方には「皮膚ならここ!」という病院は なかなか見つかりませんでした。。

そこで、ちんた☆の長きに亘っていた ひどい皮膚炎を「お風呂入れ過ぎ!」の一言で見事解決してしまった
あの、あんこ先生の病院!そこで診断を仰ぐことにしました。
          *ちんたかたった~♪の記事参照←クリック!

診断結果は『アレルギー性 皮膚炎』 ハウスダストが原因のようです。
症例を見てハウスダストに原因がありそうだな。。とは思っていました。

診断結果を受けて、お薬の処方をお願いしました。
私がこちらで治療をお願いしようと思ったのは、皮膚の権威というのはもちろんですが
舌下減感作療法(免疫増強法)で治療をしたいと思ったからです。
(人の花粉症治療でも用いられている治療法です)

~舌下減感作療法~
舌下減感作液の1万倍液から開始します。
1ヵ月後から舌下減感作液の濃度を濃くして免疫を強化していきます。
1年後には原液の10倍液まで濃度が高くなり1週1回の投与となります。
以後は症状により投与間隔を適宜加減を指定します。


お薬が届いたので、昨日(2012.06.06 水)から投薬治療を開始。
粉薬、ビタミン類、減感作液(まずは1万倍のもの)・・と何種類かあるので
始めは戸惑いながらでしたが、2日目からは要領もわかりすんなり投薬できています。

その他の注意事項として
シャンプーは一切禁止。
散歩から帰っても足は洗わず軽く汚れを落とす程度に。濡らす事で悪化するそうです。
温風ドライヤーも禁止。
銀時、目指せ!ちん☆姉やん!やね(笑)

治療を始めてすぐ効果がでるものではありませんが、
少しずつでも銀時がよくなってほしいと思います。。きっとよくなると思います!
経過はまたお知らせします。




治療開始の記録として
2012.06.06の皮膚状態の写真
カラーを付けて舐めないように、掻かないようにしていても赤みが酷く、かなりの痒みあり。
120606-1
120606-2
120606-3
120606-4

銀ちゃん頑張ろうね!
父ちゃん頑張ってお薬代稼いでね!(笑)
emi☆ちゃん ありがとうね❤


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ


↓ フレンチブルドッグひろばへ!
フレンチブルドッグひろば

スポンサーサイト