定春の角膜潰瘍

ブログを放置しすぎてスポンサー広告が出てしまってました^^;

先月中旬に定春が目を怪我してしまい、それから毎週の通院に1日何回もの目薬に追われていました。
久々の更新なのにご心配をかけるような内容ですいません。
でも、安心して下さい!よくなってきてますよ!・・って流行りに乗ってみた(笑) 


~経緯~
10/5 夜中に自分で右目を掻いてしまったので気づいてすぐ目薬をしたけど
眼球に傷がついたようで翌朝から瞼が腫れてきてしまい
家に常備している目薬(抗生剤・ヒアルロン酸)の点眼で様子をみていました。

傷は大したことがなかったようで数日の点眼で徐々に腫れも引き、もう少しで完治かな・・という感じだったので
10/10(土)にみんなで隣の市のドッグランに行きました。
定春はランでは他の犬と絡むことがほとんどなくマイペースで散策してる子なので
草が目に入らないように気を付けていれば大丈夫だろうと思ってました
・・が!
後から入ってきた黒ラブに定春だけターゲットにされてしまい
吠えられ、絡まれ、ということが続いて この子は危険だと思ったので離れようと移動しているとき
背後から追っかけてきていきなり定春を突き飛ばし、襲ってきました(怒)
飼い主は年配の女性で自分の犬を制御できなかったため、その場にいた他の方がなんとか引き離してくれましたが
そのとき定春の右上瞼に血がにじんでいたので、ハッとして確認してみたけどその時は肉眼ではよく分からず
定春もその時点では気にしていない様子だったので そのまま帰宅。
でも帰宅後、みるみる右の下瞼が腫れてきて、眼球を確認すると肉眼でハッキリかわるくらいの傷がありました。
目って傷ができてしばらくしてから症状がでるんですよね。。

目薬の回数を増やして様子を見ていたけどいっこうに良くならず
下瞼の腫れが酷くて むしろ悪化しているように思えたので
10/15(木) 朝からかかりつけ病院に行ってみると 木曜は休診だった・・(>_<)
でも今の目薬が合っているのか不安だったので、とりあえず初めての病院に行きました(いちおうクチコミを見て)
フローレス眼検査で傷の状態を見てもらい、傷は深いですか?と聞いたら
傷は大きいけど浅いということで、違う種類の抗生剤と傷の修復作用のある目薬を処方されて帰宅。


10/17(土)
地元の病院で傷は浅いと言われたけど目薬を変えても回復しているように感じられず
目のことは怖いので信頼する伊賀の病院に行きました。
診察室に入り、先生が定春の目を見るなり「今回の傷は大きくて深いですね」と
えっ?近所の病院では傷は浅いってことだったのに?と動揺してしまいました。
フローレス眼検査等のためいったん定春を預け
その後、目の状態の画像を見せてもらいながら説明を受けましたが
やはり傷は大きくて深く、角膜の表面がえぐれている状態でした。
いわゆる角膜潰瘍というやつです
(こんなに深い傷ということは、やはりランで襲われたとき相手の爪か歯が当たったんだと思います)
適切な治療をしないと角膜破裂ということになり兼ねないような状態でした
※角膜破裂は2、3日で起こることもあるそうです

かなり傷が深いので一般的な抗生剤などの目薬では回復は難しいということで
自己血からつくる血清点眼液とヒアルロン酸の点眼で経過をみることになりました。
目薬だけで治るか微妙なところだということで、1週間血清点眼してもよくならないようなら
外科的処置をすることになるというお話でした。
この日、伊賀まで行って本当によかったです。

それからとにかく点眼、点眼の日々でしたが、
10/24(土)1週間後の再診では回復傾向にあるということで、
外科的処置はせずそのまま血清点眼での治療となりました。
それでもまだ油断はできない状況で悪化する可能性があったため 何かあればすぐ受診するようにと言われていました。
血清点眼液は1週間しかもたないので毎週の通院となりましたが、その甲斐あって傷も徐々に回復していきました。

11/7(土)の再診ではフローレス眼検査でも染まることなく(傷があると緑色に染まります)
傷がないことと目に感染症もないことが確認されたので、
傷を綺麗に治すためのステロイド点眼薬と、抗生剤、ヒアルロン酸の3種類点眼で経過をみていくことになりました。
ステロイドを使うとまれに悪化する場合があるので目の状態を注意してみるように言われましたが
今のところ何も問題ありません。
151110-1


まだ少し白濁が残っているので、もうしばらく目薬を頑張って
もとの綺麗な目に戻してあげたいと思ってます。
クリクリでキラキラの目は定春のチャームポイントだからね

定春自身、目の痛みや刺激も感じなくなったようなのでエリカラも外してあげました
カラーが外れて久々に自由に遊べたのでめっちゃ楽しそうでした♪
151110-2

目は悪化するのが早いので、完治するまでは油断することなく気を付けていこうと思います。



↓ フレンチブルドッグひろばへ!
フレンチブルドッグひろば

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
スポンサーサイト
Category: 疾患と治療

銀時の経過

記録も兼ねて、銀時のその後の経過です。

甲状腺機能低下症ということがわかって甲状腺ホルモンのお薬を服用が始まり(2/14~)
食物アレルギーかどうかをみるためフードをアミノペプチドフォーミュラに変えて数週間経過をみました。
原因が食物アレルギーだけの場合はフードを変えるだけですぐ反応するそうですけど
銀時の場合、顔の赤みや痒がる様子にあまり変化はありませんでした。 ※これは予想通り
先生からも、食物アレルギーだけ、とか アトピーだけ、という子は少なく
どちらも併せ持っている子が多いというお話でした。

そこで『アトピカ』を服用することになりました(2014.3.8~服用開始)
痒みに効くステロイドを長く続けると副作用が心配なのですが、アトピカは副作用がほとんどありません。
140320-3
1錠700円くらいするお高い薬ではあるけど、銀時の体のことを考えるとアトピカを選ばないはずがない。
・・保険入っててよかった~(笑) 保険入ってなかったら700円全額負担だし正直キツかったな^^;
アトピカはゆっくりとしか効果が出ないそうで、最低4週間服用して経過をみることになります。
効果があるようなら その後も継続して服用することになります。


銀時は以前から背中の一部に毛が生えてこないところがあったんですけど、
これはやっぱり甲状腺機能低下症のためだったようです。
先月(2/14)から甲状腺ホルモンのお薬を服用し始めてから
なんと!背中の毛が生えてきました!!
140320-2
                                  
140320-1
まだ完全に生え揃ったわけではないけど目立たなくなりました!
尻尾の剥げてた所も少し生えてきた気がします。こちらはまた今度。
銀ちゃんやっと『ハゲ男』返上やね(笑)

顔の方も赤みがすごく引いてきてます
膿皮症のあと口元や目元が色素沈着して黒ずんでます^^;  これは薄くなるまで待つしかないな。
140320-4

指間がまだ少し赤いのが気になり先生に伝えると
指間の皮膚組織を顕微鏡で診てくれて、菌などではないということでした。
それもあって、膿皮症の方はほぼ治まってきているので抗生剤は3/8から1種類に減りました。
あとはアトピカの効果が出てくれるといいな・・
早くエリカラ卒業させてあげたい。


定春の方はというと、
尿検査の結果、結石や結晶などもなく、血液反応も陰性でクリアしました。 ホッ・・
今後は定期的に尿検査と画像検査をして経過をみていきます。

数日前 父ちゃんが定春の歯磨きをしていると、残っていた乳歯が抜けました。
1本乳歯が残っていたので、今後もし麻酔をして何かするときがあったら抜いてもらおうと思ってたけど自然に抜けてよかった~
140320-6
5才半にして乳歯抜けるって・・(笑) でも結果オーライ!


相変わらずの仲良し兄弟❤ 
140320-5
いろいろあるけど、これからも頑張ろうね!



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

↓ フレンチブルドッグひろばへ!
フレンチブルドッグひろば

Category: 疾患と治療

定春の疾患

連続で病院ネタになります^^;
先週の土曜日(2/22) 銀時の再診だったので、定春も連れて行き 結石と股関節を診てもらいました。

定春は2~3年ほど前から何度か後ろ足が滑るような感じでおかしい時があったので
その都度かかりつけ病院で診てもらってはいましたが、
いつも「様子を見ましょう」で終わっていて、レントゲンも撮ったことがありませんでした。
今年のお正月早々 また後ろ足の様子がおかしかったので、
ネットで検索して「整形外科が得意」という近くの某動物病院に診てもらいに行きました。
そこでは『左股関節形成不全』という診断を受けました。


今月に入り 銀時の膿皮症治療から かかりつけ病院を変えましたが、
HPを見て院長先生が股関節改善プログラムのインストラクターの資格を取得されていることを知っていたので
もう一度しっかり股関節を診てもらおうと思って連れて行ったんですが・・
結果、股関節形成不全ではありませんでした
140225-5

触診、レントゲン、歩き方、私が家で撮影した動画も見てもらいました。
整形外科の場合は画像診断はもちろんですが 触診が1番大事なんです、と
触診中もいろいろ説明して下さって、定春は後ろ足の股関節に痛みは感じてないということでした。
レントゲンでも特に股関節の隙間が狭くなってるなどの異常はみられませんでした。
股関節形成不全の場合は悪い方を庇って歩くので、左右の足の筋肉量が違ってくるそうですが
レントゲン画像で筋肉量を計ってみてくれましたが 定春は左右対称でした。

院長先生から「股関節形成不全ではないですね」と
おそらく脊椎不安定症でしょう、という診断でした。
これは手術非対象で、サプリメントや体重管理で経過を見ていくそうです。
今後もし 痺れや麻痺が出た場合はCTやMRI検査になるとのことだったけど、
その時は良い先生を知っているのでご紹介します と言ってもらえたので安心しました。
関節サプリメントのコセクインDSを服用することにしました。
(結石もちでも大丈夫ということでした)


そして結石。
エコー検査をしてもらいました。エコーは他の臓器も全て診て下さったので有難かったです。
エコー検査は仰向けになるので嫌がるかと思ったけど、
フカフカのエアーマットみたいなのを敷いてくれたので、めっちゃ気持ちよさそうで大人しかった(笑)

定春は2年前から体内に大き目の結石が1コあることは分かっていたんですが、
以前検査してもらった病院では 膀胱の壁に埋まっていると聞いていたんだけど・・
今回のエコー検査では膀胱には砂のようなものはあるけど石はないということでした。
あれ??と思っていると、
レントゲンにはしっかり石が写っていて、お尻辺りの尿管の壁に埋まっている状態ということでした。
今現在 血尿など症状が出ていない場合は、このままにしておく方がいいという事です。
手術することで尿管を傷つけたり尿管の狭窄や閉塞などを起こす危険もあるので、できるだけ手術は避けたい場所だそうです。
次回 採尿検査をして、問題なければ定期的に画像検査していくことになります。


140225-8

なんやかんやと この子達には疾患があるけど、
今回病院を変えて、定春も銀時も診察を受けたことで全てにおいてスッキリ納得できました。
良い先生に出会えてよかったです




にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

↓ フレンチブルドッグひろばへ!
フレンチブルドッグひろば

Category: 疾患と治療

甲状腺機能低下症

2月初旬 銀時の皮膚状態が悪くなり、明らかに「膿皮症」の症状だったので病院へ。
今回は思い切って病院を変えることにしたので、初めて行く病院でした。
以前 父ちゃんがお散歩中に出会ったご夫婦から良い評判は聞いていたし、もちろんHPなどでリサーチしましたよ


銀時の診察の際に、現在 皮膚科専門病院でアレルギー性皮膚炎の舌下減感作療法で治療中であることを伝えました。
神奈川の皮膚科動物病院のことや治療方法もよくご存知だったので話が早かったです。
院長先生から
「これから皮膚について第1章~第2章でお話ししますけどいいですか?」と前置きがあり(笑)、
とても丁寧に丁寧に説明をして下さいました。
こんなに丁寧な説明を受けたの初めて!と感動するくらいだった。
ちょうど銀時の舌下減感作療法に限界を感じていて、治療方法を見直そうと思っていたところだったので
これを機にアレルギーの治療もこちらの病院でお任せすることにしました。

膿皮症の治療は、抗生剤の服用と、週1~2回マラセブシャンプー後にスキンバリアで保護。これをしばらく続けます。
アレルギー性皮膚炎の方は、原因を追及するために一つ一つクリアにしていきましょう、ということでした。
先ずは甲状腺機能低下症の可能性もあるということで採血検査をしました。
クッシング症候群については銀時の様子からは考えにくいということで検査は外されました。

数日後、院長先生から検査結果の連絡があり、
「甲状腺ホルモンの値が低く、甲状腺機能低下症ですね」とのことでした。
140225-2
思いもしなかった結果にビックリでした。。
アレルギー性皮膚炎の治療をずっと続けてきたけど なかなか良くならなかったのはこのせいだったようです。
毛が剥げて生えてこない所があったり、寒がりだったり、疲れやすいところも甲状腺機能低下症からきていたんだと思います。
ひとつの原因が分かってよかった。

これは甲状腺ホルモン剤。1日1錠服用します。(2014.02.14~服用開始)
たぶん一生この甲状腺ホルモン剤を飲み続けることになると思うけど、
足りない分を補ってあげることで症状も改善されるので 銀にとっては必要なものです。
140225-3

銀時の場合その他にアレルギーかアトピーも持っているだろうということで、
はじめに食物アレルギーかどうか調べることになりました。
『アミノペプチドフォーミュラ』のみの食事を最低1ヶ月続けて皮膚の状態をみていきます。(2014.02.20~)
試食品3フードの中では1番食いつきが良かったのに、全く食べようとしない銀さん・・^^;
トッピングできないし、これしか食べれないので困った
140225-4

食べないと意味がないので、手で食べさせてみたら・・完食!
思わず父ちゃんと「ちんた☆か!」って突っ込み入れたよ(笑)
140225-1
兄やんご飯食べたのに銀に食べさせてると自分も欲しくてガン見・・そして数粒Getしてました^^;

このまま『ちん☆食べ』続けんとあかんのかな。。と諦めてたら、なぜか今朝から自分で食べ始めた!
気分屋 銀ちゃん、これからもちゃんと食べてね



膿皮症の方は2週間前に比べて随分よくなりました。体は見違えるほどです。
でも顔周りがまだスッキリしていないので、もうしばらく抗生剤やシャンプーなどで経過をみていきます。
140225-7
銀ちゃん頑張ろうね!



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

↓ フレンチブルドッグひろばへ!
フレンチブルドッグひろば

Category: 疾患と治療